日本弁理士クラブは、PA会・春秋会・南甲弁理士クラブ・無名会・稲門弁理士クラブの5会派で組織されています

日本弁理士クラブ研修会「進歩性判断に対する戦略的アプローチ」のご案内

会員各位 令和2年11月吉日
日本弁理士クラブ幹事長 羽鳥 亘 
同研修委員長 榛葉 貴宏

日本弁理士クラブ研修会「進歩性判断に対する戦略的アプローチ」のご案内

 拝啓 時下益々ご清祥の段お慶び申し上げます。
 さて、日本弁理士クラブでは、東京大学工学部卒業後、電機メーカーで研究に従事し、現在は弁護士・弁 理士としてご活躍されている酒匂禎裕(さこうていゆう)先生を講師として、「進歩性判断に対する戦略的 アプローチ」と題した研修を開催いたします。
 特許無効審判や特許関連訴訟において、進歩性の判断基準は明瞭とは言い難く、当事者にとって思いもよ らない判断が下されることも少なくありません。別の見方をすれば、その不明瞭な領域は弁理士にとって腕 の見せ所であり、多彩な主張立証が展開される最も華やかな舞台ともいえます。
本研修では、判例と講演者の実務経験をベースに、進歩性判断に対する攻撃防御方法を整理し、その戦略 的アプローチを考察します。具体的には、医薬・化学の分野を中心に、阻害要因、顕著な効果といった典型 論点の論じ方、専門家の意見書、実験データの使い方、さらには、侵害論や記載要件との関係等について有 機的に関連させ多角的な分析を行います。
 定員は50名となっておりますので、受講ご希望の方は下記申込用ウェブサイトにて必要事項をご記入の 上、お早めにお申し込み下さいますようお願い致します。定員になり次第、締め切らせて頂きます。
 なお、本研修は、新型コロナウイルス感染症の影響により、ウェブ研修の形式で行います。

敬具

1.日程
(日程)12月11日(金) 18:30~20:30(途中10分休憩)
(題目)『進歩性判断に対する戦略的アプローチ』
 (講師)ICase(アイケース)法律事務所  弁護士・弁理士 酒匂 禎裕
  ※ Zoomミーティングを用いて研修を行います。
  ※ 本研修は、日本弁理士会の継続研修には該当しませんので、ご注意ください。
2.費用  無 料
3.申込み方法
 ・申込用のウェブサイト(https://sites.google.com/view/nichibenseminar-part2/)にアクセスし、必 要事項 をご記入ください。
  送信が完了すると、ご記入いただいたメールアドレスに自動返信メールが届きます。
 ・お申し込みいただいた方々に、事前資料ダウンロード用のURL、および、セミナー参加用URLを、 後日連絡させていただきます。
 ・資料につきましては、各自で印刷し、お手元にご用意下さい。
4.問い合わせ先
 日本弁理士クラブ 研修委員会 榛葉 貴宏(須藤特許事務所)TEL: 0422-27-2253