日本弁理士クラブは、PA会・春秋会・南甲弁理士クラブ・無名会・稲門弁理士クラブの5会派で組織されています

PA会 一般研修セミナー(第4回) 「中国知財訴訟対策」

各位

令和2年1月吉日
令和2年度 PA会 幹事長 鶴谷 裕二
研修部会 幹事 真能 清志

一般研修セミナー(第4回)
「中国知財訴訟対策」


拝啓、時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
今回の一般研修セミナーでは、中国弁理士・日本国弁理士でありPA会会員でもあります劉昕先生を講師にお迎えし、「中国知財訴訟対策」と題してご講演いただくことといたしました。
近年、外国企業は中国で知的財産権による権利行使されるケースが増え、外国企業は負けるケースも増えています。中国の知財訴訟は、制度、国の状況、文化などにより、独特なところが多くあり、外国企業が中国で知財訴訟を順調に進めるために、中国の知財法制度、訴訟実務、社会環境、訴訟事件を研究し、万全な知財訴訟戦略を立てる必要があります。
本セミナーでは、具体的な内容として、2、3の代表的な訴訟事例(SONY 技術標準必須特許侵害訴訟、本田意匠権侵害訴訟、及び商標の事件を用意します)を例として、中国の知財訴訟において、原告側、被告側の対応策を解説し、所々で、中国知財法制度の解説をします。
多くの方にとって今後の業務に役立つ研修となるものと思いますので、ぜひこの機会にご聴講ください。本研修は、弁理士試験合格者、又は日本弁理士会会員の方であれば広くご参加いただけます。新規合格者や他会派の方もご参加いただけますので、この案内が届かない参加対象者をご存知の方は、ぜひ本研修をご紹介ください。
なお、本研修は継続研修の業務研修(選択科目)において、所定の条件により2単位が付与される予定です。中座、早退、15分以上の遅刻、の場合は単位が認められませんので、ご注意ください。
本研修に参加ご希望の方は、1月22日(水)までに次のウェブサイトからお申し込みください。追ってお受けした旨返信メールをお送りします。

http://www.pa-kai.net/seminar_tokyo1.html

敬具

【記】

テーマ: 「中国知財訴訟対策」
講 師: 中国弁理士・日本国弁理士 劉昕先生
(北京瑞盟知識産権代理有限公司 所長)
日 時: 2020年1月29日(水)
受付 6:00pm~ 講演 6:30pm~8:40pm
場 所: ル・グラシエル3号館 会議室
(弁理士会館ではありませんのでご注意ください。)
住 所: 東京都港区新橋5-22-3 ル・グラシエルBLDG.3 号館5 階北側
https://goo.gl/maps/qYk9AtVFDiuGMxd97
※『沖縄料理の平良商店』が1階に入っている角地のビルです。
アクセス: 山手線新橋駅から徒歩7 分
三田線内幸町駅から徒歩5 分
三田線御成門駅から徒歩6 分
会 費:
・2018 度または2019 年度合格者でいずれの会派にも属していない方 研修:無料 懇親会:2000円
・グリーンPA会員 研修:無料 懇親会:2000円
・PA会会員 研修:2000円 懇親会:3000円
・PA会会員以外の弁理士会会員 研修:3000円 懇親会:4000円
・2017 年度以前の合格者で弁理士登録をされていない方 研修:3000円 懇親会:4000円
その他:食事は用意いたしませんので、各自でおとりください。また、研修終了後には懇親会を行います。こちらにもぜひ、ご参加下さい。
※PA会員は「PA会イベント用クーポン券」をお使いいただけます。
本研修に関するお問い合わせ等はpa2019seminar[at]gmail.com までご連絡ください。
研修または懇親会の申込をキャンセルされる場合につきましてもご連絡をお願い致します。

以上