日本弁理士クラブは、PA会・春秋会・南甲弁理士クラブ・無名会・稲門弁理士クラブの5会派で組織されています

新人研修(第1回) 弁理士が知っておくべき独禁法の基礎

web http://www.pa-kai.net/?p=2195

平成27年12月25日
平成27年度PA会研修部会 幹事 伊藤隆治
新人研修部門部会長 網野誠彦
企画担当 脇坂悦司
副担当 川野由希

新人研修(第1回)のご案内
弁理士が知っておくべき独禁法の基礎
~競争法の枠組みから標準必須特許問題まで~

拝啓、時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
今回は、知的財産法と関わり合いの深い独占禁止法についてのセミナーをご用意しました。ぜひこの機会をご活用ください。
知的財産権と独禁法は、一見すると相対立する関係にあるように見えることもあり、知的財産権の利用に対する独禁法上の規制については古くから議論されてきました。その議論は、知的財産権の利用法の多様化に伴い、いまも発展・深化を続けており、弁理士業務における重要性も高いと思われます。
今回は、弁護士で独禁法を専門として活躍されている宇都宮秀樹先生をお招きし、日頃独禁法と関わりのない弁理士の皆様にも分かりやすいよう独禁法・競争法の基本的な枠組みをお話しした上で、知的財産権との関係、さらには近時議論されている標準必須特許問題についても解説していただきます。
本研修は、平成27年度合格者、平成26年度以前の合格者でいずれの会派にも属していない方、また他会派の方にも広くご参加いただけます。この案内が届かない合格者をご存知の方は、ぜひ本研修をご紹介ください。
なお、この研修は、日本弁理士会の継続研修として申請中です。この研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として2単位が付与される予定です。中座、早退、15分以上の遅刻、の場合は単位が認められませんのでご注意ください。
本研修に参加ご希望の方は、1月11日(月)までに、次のウェブサイトからお申し込みください。
http://www.pa-kai.net/seminar_tokyo1.html

敬具

【記】

テーマ: 弁理士が知っておくべき独禁法の基礎
副 題: ~競争法の枠組みから標準必須特許問題まで~
講 師: 弁護士 宇都宮秀樹 先生 (森・濱田松本法律事務所)
日 時: 2016年1月18日(月)
受付 6:00pmより 講演 6:30pm~8:40pm
場 所: 弁理士会館2階AB合同会議室
会 費:
・平成27年度合格者で
いずれの会派にも属していない方     研修: 無料   懇親会:2000円
・グリーンPA会員         研修: 無料   懇親会:2000円
・PA会会員             研修:2000円 懇親会:3000円
・PA会会員以外の弁理士会会員     研修:3000円 懇親会:4000円
・平成26年度以前の合格者で
弁理士登録をされていない方     研修:3000円 懇親会:4000円
その他:
食事は用意いたしませんので、各自でおとりください。また、研修終了後に
は懇親会を行います。こちらにもぜひ、ご参加下さい。
本研修に関するお問い合わせ等はpa2015seminar★gmail.com(★を@に置き換えてください)までご連絡ください。

以上