日本弁理士クラブは、PA会・春秋会・南甲弁理士クラブ・無名会・稲門弁理士クラブの5会派で組織されています

日本弁理士クラブ幹事長挨拶

日本弁理士クラブ
幹事長 水野勝文

 平成24年度の日本弁理士クラブ幹事長に就任しました水野勝文です。皆様よろしくお願いします。

 さて、東日本大震災や超円高といった状況もあり、我々弁理士を取り巻く経営環境は極めて厳しいものがあります。日本弁理士会では、このような厳しい環境を踏まえた政策を着実に一歩ずつ進めていくことが重要と思います。また、近い将来改正が予定されている弁理士法の改正については、さらに広い視野に立ち、日本経済の競争力向上に寄与するといった弁理士の社会的意義をしっかり示し、社会に伝えていくことが、弁理士の将来のために必要と思います。

 日本弁理士クラブでは、弁理士の将来を見据えた日本弁理士会の政策・実行・実現を支持すべく、粘り強く活動して参ります。

 ところで、日本弁理士クラブは、PA会、春秋会、南甲弁理士クラブ、無名会、稲門弁理士クラブの5会派からなる連合体組織であり、2千数百人の会員を擁する日本弁理士会で最大会員数の弁理士会派組織です。日本弁理士会会長を始め、日本弁理士会に多くの役員を輩出し、人事面、政策面などから大きくバックアップしております。これは、当クラブが日本弁理士会の運営に責任がある、ということに他なりません。厳しい状況ではありますが、皆様のサポートと参加をお願い申し上げます。

 また、日本弁理士クラブ並びに所属する5会派では、会務活動の他、弁理士の義務研修である継続研修の単位を取得可能な、特許・意匠・商標・外国出願等の実務研修、知財関連法の法改正、特定侵害訴訟代理業務試験対策等の各種研修会を開催しており、会員の要望があるテーマ、タイムリーなテーマなど、小回りの利く研修あるいは少人数の研修を多彩に数多く開催しております。さらに、多彩な行事や交流活動も行っておりますので、このホームページをご覧になられた方々も是非参加してみて下さい。

 日弁メルマガに加入いただければ、種々の行事の案内や活動報告、日本弁理士会の会務報告等の情報を、タイムリーに情報発信致します。

 これを機会に、当日本弁理士クラブへの参加、ご支援を賜れば誠に幸甚に存じます。