OSHIRASE BORAD
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃日弁TOP  
14 / 317 ←次へ | 前へ→

【308】PA会新人研修セミナー(第1回)「新規性、進歩性の観点からの特許調査」
 PA会 WEB  - 15/5/8(金) -

引用なし
パスワード
   平成27年5月吉日
                 平成27年度PA会研修部会 幹事 伊藤隆治
                        一般研修部門部会長 網野誠彦
                             企画担当 河野信哉

       新人研修セミナー(第1回)
       「新規性、進歩性の観点からの特許調査」

 拝啓、時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、特許出願や実用新案登録出願を行う前に先行技術調査を十分に行うことで、
出願の是非の判断や、発明・考案の本質を抽出した適切な権利を取得するためのクレ
ームドラフトの手助けになり、先行技術調査で発見された近い技術の文献を読むこと
により、出願時の技術水準を理解でき、明細書等の作成の参考にもなります。
 先行技術調査では、テキスト検索に加えて、IPCやFターム等を利用して検索す
ることにより、先行技術文献の検索精度を向上することができます。しかしながら、
IPCやFタームといった記号を用いた先行技術文献の検索は、一見すると難しい作
業のように思われます。また、どのように検索するのかだけでなく、何を検索するの
かについても難しいように思われます。
 このような背景を踏まえて、今回、特許業務法人 谷・阿部特許事務所の梅田幸秀
先生をお招きし「新規性、進歩性の観点からの特許調査」の研修を企画しました。
研修では、新規性及び進歩性の観点から、最近の裁判所の動向や、梅田先生の特許庁
審査官・審判官時のご経験等を踏まえて、特許に関する先行技術調査の方法をわかり
やすく解説していただく予定です。
 さらに新調査システム(特許情報プラットフォーム(J-Plat Pat))も反映していただ
きます。
 今回の研修は新人研修というかたちではありますが、ベテランの先生方にもぜひ
ご参加をお勧めします。また、平成26年度弁理士試験合格者、平成25年度以前の
弁理士試験合格者でいずれの会派にも属していない方、また他会派の方にも広く
ご参加いただけます。この案内が届かない弁理士試験合格者をご存知の方は、ぜひ
本研修をご紹介ください。
 なお、本研修は継続研修の業務研修(選択科目)において、所定の条件により
2単位が付与される予定です。中座、早退、15分以上の遅刻、の場合は単位が認めら
れませんのでご注意ください。
 本研修に参加ご希望の方は、5月29日(金)までに、次のウェブサイトからお申し
込みください:
         http://www.pa-kai.net/seminar_tokyo3.html
                                    敬具
                  【記】

テーマ:「新規性、進歩性の観点からの特許調査」
講 師:梅田幸秀先生(特許業務法人 谷・阿部特許事務所)
日 時:2015年6月5日(金) 受付 6:00pmより
                 講演 6:30pm〜8:40pm
場 所:弁理士会館3階AB会議室
会 費:
・平成26年度合格者で
いずれの会派にも属していない方     研修: 無料   懇親会:2000円
・グリーンPA会員         研修: 無料   懇親会:2000円
・PA会会員             研修:2000円 懇親会:3000円
・PA会会員以外の弁理士会会員     研修:3000円 懇親会:4000円
・平成25年度以前の合格者で
弁理士登録をされていない方     研修:3000円 懇親会:4000円
その他:
食事は用意いたしませんので、各自でおとりください。また、研修終了後には懇親会
を行います。こちらにもぜひ、ご参加下さい。
 本研修に関するお問い合わせ等はpa2015seminar@gmail.comまでご連絡ください。
                                    以上

898 hits

【308】PA会新人研修セミナー(第1回)「新規性、進歩性の観点からの特許調査」 PA会 15/5/8(金)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃日弁TOP  
14 / 317 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.5.4
Copyright (C) NIHON BENRISHI CLUB, 2004-2012